ミニ四駆グランプリ2014 NEW YEAR 東京大会(1/26)

ミニ四駆グランプリ2014 NEW YEAR 東京大会(1/26)

なにこれ

1年ほど前からミニ四駆をいじっては、東京でやっているタミヤの公式大会に参加している。タミヤの公式試合は5人でレースして1位が抜けるっていうのを1次予選・2次予選行って、残りは最後の1人になるまで5人1位抜けを繰り返す決勝に進む。東京大会は1日に1300人以上参加する。

残酷な大会

大会受付は大体朝8時から。場所は品川シーサイドオーバルガーデンで大体行う。冬の品川シーサイドは寒い。防寒具は必須だ。ガタガタ震えながら受付を済ませると整理券がもらえる。私は大体寝坊するので、大体午後の出走になる。この日のために何時間も掛けて作った自慢のマシンをみんなが持ち寄る。だが前述の通り5人に1人しか1次予選は突破出来ない。残りの4人は1分足らずのレースで終了する。実際は完走出来ればいい方で、大体のマシンはコーナーを曲がりきれなかったりジャンプを失敗してコースアウトする。衝撃でマシンが壊れることもザラにある。いい大人が工数かけてリリースしたマシンが1分足らずでその舞台を去ることになる。

残酷な結果

今回は1周も出来なかった。芝にコブがあるセクションでジャンプ、フロントが落ちた状態で芝につっこみ、前転してコースアウト。フロント部が重く飛形がフロントから落ちていく形であったことが敗因だと思われる。また、フロント下部にフロントアンダーガードをつけていたのも悪かったかと思う。

次回

次回も同じコースで3月にレースがあるので、改善したマシンで挑戦したい。

広告を非表示にする