電動歯ブラシで、電動やすりを作る。

電動やすり

 プラモデルを作っていると、紙やすりを使う機会が多い。力はいらないとはいえ、意外とこの作業量は多い。電動やすりを安価で用意できれば、これに越したことはないだろう。
 そこで、結構前からある改造だが、電動歯ブラシを改造して電動やすりを作ってみようという話。
f:id:Number6:20140919151756j:plain

用意するもの

 価格は2014/09/19現在

電動歯ブラシ 480円 電動やすりの本体となる

パンチ 540円 紙やすりを丸型に打ちぬく

スポンジ両面テープ 422円 紙やすりを歯ブラシに接着する


 これは100均一で代わりになるものがあればそれで済ませてもいい。ただ厚さがありすぎるとパンチに入らないから注意。

ペンチ 歯ブラシのブラシを抜く

カッター 紙やすりを切る

カッティングマット カッター使うなら下に何か敷け

小分けタッパー 作った紙やすりを保管する

作業工程

後で写真載っける

電動歯ブラシの毛を、ペンチで全部抜く

任意の番目の紙やすりの裏に両面テープを貼り、切る

切った紙やすりをパンチで丸に切り取る

電動歯ブラシの先に貼り付ける

これからやりたいこと

  1. 電動歯ブラシの先が取り替えられるらしいので、やすりの番目ごとのヘッドを作って管理したい
  2. 電動歯ブラシのモーターがミニ四駆のやつっぽいのでプラズマダッシュモーターにしたい
  3. 電動歯ブラシの頭のいらない部分が外せるみたいなので外したい

最後に

 表面処理用の電動工具が2000円いかないで作れるので便利。ハンディドリルやハンディルータで穴開けたりザクザク削った後、これでフィニッシュするとキレイなミニ四駆の加工が出来るかも。

広告を非表示にする