ミニ四駆管理に便利なアイテム・基本編

話が前後するんですけど、先日ミニ四駆管理に便利なアイテム・家編 - 六番を書いたので、基本編を書いて置きたいと思います。

基本工具セット


何はともあれタミヤのクラフトツールベーシックセットです。これの何が一番優れているかっていうと、携帯性です。立方体のケースに工具が収まるってことが一番重要です。ミニ四駆基本的にコースがあるとこに持って行っていじるものなので、隙間なく立方体に詰まるっていのうが一番重要です。既にニッパーとか持ってるよって人も買いましょう。ただ、耐久性には難があるのか蓋の蝶番がぶっ壊れますので適当に補強しましょう。ドライバーは正直微妙なので、プラスドライバーは別でいいのを買ったほうがストレスがないかもしれません。ピンセットが主にネジの仕分けなどに重宝します。

ボックスレンチ


ナット、ロックナットをよく使うので、ボックスレンチがあると作業効率が段違いです。私は持ち手の部分は外して、金属部分だけを前述の基本工具セットの箱に入れています。金属部分だけだと回しにくいので、ボールスタビキャップを締めるゴムの筒に通してあげるといいです。

これの黒い奴。普通に入れようとするとキツキツなので、お湯で煮て柔らかくするなどして根気よく入れましょう。手間分の働きはしてくれると思います。ボールリンクには浅くて使えないので100均なんかで4.0mmと4.5mmの奴を揃えてもいいかも。

ピンバイス

そのうち穴を開けたくなると思うので、そんなときはピンバイスを買いましょう。1.8mm(タイヤにシャフトを貫通させる用)と、2.0mm(ネジを貫通させる用)があれば問題ないと思います。最初は必要ないかも知れません。

定規


高さ測る用に、端から目盛りが始まる定規があると便利。無印の黒いプラスチックの奴をいつも使っている。

締め

とりあえずこれだけあれば快適に組めるので是非どうぞ。

広告を非表示にする