読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無闇やたらにiOSのバージョンを上げると開発で死ぬ話

どうした

掲題の通り。
自分のiPhoneのiOSのバージョンを最新にしたら開発中のアプリがインストール出来なくなった。

なんで

iOS SDKが古くて最新のiOSのバージョンに対応していないから。
iPhoneアプリ開発中にSDKを上げたくない時があるっていうか、SDKのアップデートを長らくしていないときがある。(こまめにしろよ)

なんでわかった

[Xcode] > [Windows] > [Organizer] で接続しているデバイスが使えるかどうかみたいなの見れますよね。アレの普段緑色の丸が黄色くなったました。メッセージを読んだら「SDKが古くて対応してねぇ」とのこと。親切だ。書いてある。

どうした

解決策は2つ

  1. iOSのSDKのバージョンを上げる
  2. 古いiOSの検証機を用意する

今回はiOSが古いままの検証機があったからよかったけど、非常に困るのでみんなはiOSがマイナーバージョンアップしたらちゃんとSDKのバージョンもあげよう。
個人のiPhoneに検証アプリいれたいって人に入れられなくて慌てる羽目になるぞ。なったぞ。

最後に

寿司くいてぇ

広告を非表示にする