読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FRONT MISSION GUN HAZARD(SFC)の電池交換する

急に海が汚染されそうになったのでガンハザード買ってきた。
でも21世紀になって10年も経つのでソフトの電池の寿命が放電でマッハのはず。
ということで、電池の交換をした。
必要な道具は以下の通り。

注意点は3点。

  1. SFCのソフトは特殊なねじを使っているので特殊なドライバーが必要
  2. 電池が基板にはんだづけされているので古い電池のはんだを除去しなければならない
  3. 新しい電池をはんだづけするためにタブ付き電池か電池ホルダーが必要

1.SFCのソフトは特殊なねじを使っているので特殊なドライバーが必要
勝手に開けられないように変なねじが使ってある。対応するドライバーはDTC-20。
【DTC-20】特殊ネジ用ドライバー - 特殊ネジ用ドライバー - ドライバー - エンジニア【マルツパーツ館WebShop】
なんかピンセットとペンチでもいけると聞いたけど、特殊ドライバーかっこいいと思ったので購入。

2.電池が基板にはんだづけされているので古い電池のはんだを除去しなければならない
はんだを取るにははんだ吸い取り線が必要だ!使い方はより詳しいページがあるはず。

3.新しい電池をはんだづけするためにタブ付き電池か電池ホルダーが必要
基板につけられる電池が必要。
【CR2032-T】CR2032電池(基板取付用) - 乾電池 - 電池 - _【マルツパーツ館WebShop】
【CR2032BOX】電池ケース CR2032横置き×1個 - ボタン電池ケース - 電池ケース - Linkman【マルツパーツ館WebShop】

道具が揃ったら開けて外して付けて閉めるだけ。データをふっとばしたくなければ交換のときに予備の電池を並列につないでおくらしいよ。

広告を非表示にする