読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あーあ、俺に蟹食べさせてくれる狐の嫁さんができねぇかなぁ!!

 前にデスクトップパソコンへpythonpython-twitter入れたのの詳細を書き忘れていたため、EeePCに同じことをするときに梃子摺った。今回はちゃんと書く。
 環境はWindowsXP SP2。
 手順は以下の通り。

  1. minGWのインストール・パス通し
  2. pythonのインストール・パス通し
  3. easy_installのインストール・パス通し
  4. simplejsonのインストール
  5. python-twitterのインストール

 こうか、こうなのか俺。よく覚えてないぞ。覚えてるところから書いてくか。


  • minGWのインストール・パス通し

 MinGW | Minimalist GNU for Windows 公式サイトからDownloadを追っていくと、MinGW - Minimalist GNU for Windows - Browse Files at SourceForge.netにたどり着く。
 「Automated MinGW Installer」をダウンロード。そして実行。インストーラ超便利。

 インストールが終わったら忘れずにパスを通す。
 [マイコンピュータ]右クリック->[プロパティ]->[詳細設定]->[環境変数]。
 下の[システム環境変数]の中に変数が[Path]っていうのがあるだろうからそれを選択して[編集]。
 [変数値]に元から書かれていたものは消さないように気をつけながら、

C:\MinGW\bin;

を追加する。(インストールした場所が変更した場合は、binより前は適宜変更のこと)

 これで完了。のはず。

  • pythonのインストール・パス通し

 忘れた。

  • easy_installのインストール・パス通し

 setuptools 0.6c11 : Python Package Index にいって、ちょっと下にスクロールしてお手持ちのpythonのバージョンにあった奴を落としてくる。私は面倒なので「setuptools-0.6c8.win32-py2.5.exe」というwindowsインストーラ版を使った。起動してかちかちやって、pythonを入れたフォルダを指定してインストール。

 大事なのはこの後パスを通しておくこと。前述のパスの通し方と同じように今回は

C:\Python25\Scripts;

とかなんとか入れておこう。とにかくpython入れたフォルダの下にeasy_install.exeがあるところに通せばいいんだ。多分。

  • simplejsonのインストール

 コマンドプロンプトにて。

> easy_install simplejson

 このときに、「gccがみあたんねーよばーかばーか」などと言われる人はminGWがちゃんとインストールできてないか、パスを通し忘れている。つまり俺のことである。

 コマンドプロンプトにて。

> easy_install python-twitter


 まーた追記修正しなきゃいけねーよ。仕事始まるんで失礼します。

 修正履歴:
  08/06/04 eazy_install → easy_install 馬鹿かこいつは。

広告を非表示にする